新着情報

経営者が良い人材を採用するための10ステップ

社会保険労務士の本多です。以下のお悩みを解決できる記事を書きました。

この記事で解決できるお悩み

従業員を採用したいと考えている経営者のための 「経営者が良い人材を採用するための10ステップ」を実践すれば、 採用のノウハウが身につき、良い人材と働くことができるようになります。

1.事業を見える化(言葉に)する

①なぜその事業をやるのか(ミッション)を考える
②どこを目指すのか(ビジョン)を考える

2.働き方を考える(想定する)

③どんな人材と働きたいかを考える
④あなたにとって良い人材とはどんな人なのかを考える
⑤どのように活躍してもらいたいかを考える

3.人件費を計算する

⑥働く時間とその地域の最低賃金で計算する
⑦社会保険料や労働保険料を試算する

4.応募対応を考える(想定する)

⑧応募に対する素早い対応を考える

5.面接の段取りを決めておく

⑨④を見極めるための判断材料を準備する
※相手の言葉だけで判断をしない

6.媒体を活用する

⑩媒体に会社情報や募集内容を掲載する